会社概要
経営方針
会社組織
沿革
グローバルネットワーク
主要関係会社
コーポレート・ガバナンス
行動指針
環境への取り組み
社会貢献
環境への取り組み
基本理念

オンワードグループは、生活文化企業として豊かな人間生活づくりに貢献するとともに、「地球環境の保全」を経営の重要課題として捉え、人と環境にやさしい企業をめざします。

環境方針
1、 事業所のすべての事業活動において、省エネルギー・省資源の推進、廃棄物の削減、リサイクルの促進など、環境保全に努めます。
2、 ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを構築し、環境保全活動の継続的な改善と汚染の予防に努めます。
3、 環境に関係する法的要求事項、および協定などの同意するその他の要求事項を順守します。
4、 環境目的・目標を設定し、その達成をめざすとともに、これらを定期的にレビューします。
5、 環境方針は事業所で働くまたは事業所のために働くすべての人に周知させ、環境保全の意識・理解を高め、人と環境にやさしい事業活動の推進に努めます。
6、 環境方針は、外部に対して公開します。
環境コンセプト
 

世の中の流れがますます速くなり、流行やトレンドは目まぐるしく変わっています。また最近

は、低価格を謳い文句にした衣料も増え、以前よりも衣料が「使い捨てられる」傾向にあると

感じられている方も多いのではないでしょうか。流行とともに「使い捨てられる」ファッションは、

地球環境に徐々に負荷をかけ、将来的に世界の人々の生活にも大きな影響を与えかねませ

ん。ファッションの役割は、本来、人々の生活に潤いと彩りを与え、幸せの機会を提供していく

こと。この地球の自然、そしてこの地球に生きる一人ひとりの、無限の未来を奪うことであって

はなりません。


オンワードグループは、世界を舞台にファッションを提供するアパレル業界のリーディング

企業の責任として、衣料をはじめとした数々の商品、そしてあらゆる企業活動を通じて、<地

球と、世界の人々との共生>を目指したチャレンジを続けています。


たとえば、

1)長くご愛用いただけるつねに高品質な商品の提供。

2)環境への負荷を低減する最先端の技術や商品・サービスの開発。

3)衣料品の循環システムの構築を目指す「オンワード・グリーン・キャンペーン」の実施。

4)社屋の省エネ化、低公害車両の導入、土佐山“オンワード虹の森”での森林保全活動など、

   さまざまな環境保全に向けた取り組み。


この地球の未来を想い、一人ひとりの生活に潤いと彩りを与えるおしゃれの世界に責任を持つ

からこそ。オンワードグループはできることを真剣に考え、一つひとつ実現していきます。

環境活動
ISO14001の認証取得
オンワード樫山 日本橋本社・名古屋支店・仙台支店・札幌支店・福岡支店ビルは、国際規格ISO14001の認証を取得し、維持しています。各事業所はPDCAサイクルに則り、環境活動のスパイラルアップに取り組んでいます。
仙台支店ビル
日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2009」に初出展
オンワードグループは、環境経営推進の一環として、2009年12月10日(木)〜12日(土)に東京ビックサイトで開催された日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2009」に初めて出展しました。”この地球(ほし)を想う。この服をまとう。”を環境コンセプトに、ファッションを提供するアパレル企業の責任として、衣料を始めとした数々の商品や企業活動を通じて、”地球と、世界の人々の共生”を目指したオンワードグループの環境の取り組みを紹介しました。展示ブースには、ビジネスパーソンを始め、行政、自治体、市民グループ、消費者、小・中学生等、約12,000名の方々が来場されました。

オンワードグループ環境メッセージ(ムービー)はこちらから

※ムービーをご覧いただくには、Windows Media Playerのプラグインが必要です。
こちらからダウンロードができます。
「オンワード・グリーン・キャンペーン」を推進
オンワード樫山は、今後の経営方針の重点施策である「環境経営の推進」の一環で、「オンワード・グリーン・キャンペーン」を推進しています。このキャンペーンは、オンワード樫山が販売した紳士、婦人、子供、スポーツなど幅広い種類の衣料品を百貨店の店頭で引き取りし、可能な限り「リユース」「リサイクル」することを通じて、限りある資源の有効活用することを目的としています。
「土佐山 オンワード “虹の森”」の森林保全活動を展開
オンワードホールディングスは、高知県が推進する「環境先進企業との協働の森づくり事業」について、高知県、高知市および高知市森林組合とパートナーズ協定を2008年11月14日(金)に締結し、高知県高知市の森林約45ha「土佐山オンワード“虹の森”」の保全活動を行っています。地域の方々のご協力のもと、当社グループ社員による間伐を始めとした森林再生活動を行うとともに、この森を通じて地域住民との交流を深めています。
環境保護団体「ALMCS」に売上の一部を寄付
オンワード樫山は、2008年秋冬シーズンに紳士服の『五大陸』『J.プレス』、婦人服の『ICB』、子供服の『組曲』『J.プレス』のブランドで実施した横断キャンペーンの売上の一部を、2009年2月に、オーストラリアの環境保護団体「ALMCS(オーストラリアン・ランドケア・マネジメント・サーティビケーション・システム)」に寄付しました。「ALMCS」の土壌の環境保護と改善を目的としたプログラムに活用していただきました。
百貨店統一ハンガー・オリコンシステムの採用
縫製工場から百貨店店頭納品まで一貫して「百貨店統一ハンガー」を使用し、回収・洗浄を経てリユースする循環システムを1997年より本格展開。また、納品にはダンボール箱に代えて、繰り返し使える折り畳みコンテナを導入する取り組みを2001年より本格展開しています。
水洗い可能なエコロジー商品の開発
WT(ウォータートリートメント)商品は、クリーニング店での商業水洗いが可能で、ドライクリーニング溶剤による環境汚染を防止します。オンワード樫山は、メンズ主力ブランドにおいて、WT商品であるWTスーツを販売しています。
ケミカルリサイクルユニフォームの開発
オンワード商事では、完全循環リサイクルユニフォーム『Earth Uni』(アース・ユニ)を展開しています。ユニフォームを使い捨てにせず、循環資源として最終的には回収して元の材料に戻すことを提案しています。2008年1月現在、日本のトップ企業11社に採用されました。
低公害車の導入等、環境負荷削減を推進
オンワードグループのロジステックスを担当するアクロストランスポートはでは、配車や輸送ルートの適正化、「デジタルタコグラフ」によるエコドライブの教育・普及、アイドリングストップの推進、また低公害車であるCNG車やデーゼルハイブリット車の導入など、環境負荷削減に取り組んでいます。
▲ページTOPへ